無双の花

作者は、葉室麟さん出版は、文藝春秋です立花宗茂が主人公関ケ原の西軍武将での大名返り咲き

宗麟の海

作者は、安部龍太郎さん出版は、NHK出版です元は日本史専攻歴史ものは好きなんです

メメント・モリ

作者は、原田宗典さん出版は、新潮社ですマハさんからお兄さんの宗典さんへうーん、重苦しい

フーテンのマハ

作者は、原田マハさん出版は、集英社です気になる作家さんなのでまとめ読み前回は食べ物今回は旅行です

カセットテープ少年時代 80年代歌謡曲解放区

作者は、マキタスポーツさん、スージー鈴木さん出版は、KADOKAWAです職場の若いお姉さんはカセットテープを知らなかった裏面が通じない

やっぱり食べに行こう

作者は、原田マハさん出版は、毎日新聞出版です原田さんは原田マハさんと原田ひ香でんがいるのでまぎらわしいマハさんは原田宗典さんの妹さん

逆さに吊るされた男

作者は、田口ランディさん出版は、河出書房新社ですつい最近全員の死刑が執行されたオウム真理教それを題材にした小説

高校入試

作者は、湊かなえさん出版は、角川書店ですもともとはテレビドラマだったとは知りませんでしたしかしこのお方の才能はすごいの一言

江戸っ子の倅

作者は、池部良さん出版は、幻戯書房です映画俳優にして文章家高峰秀子さんもそうです

屋根をかける人

作者は、門井慶喜さん出版は、KADOKAWAです建築家で商売人メレル・ヴォーリズたくさんの建築を手掛けてるのですが本当は建築家ではない

昭和の男

作者は、半藤一利さん、阿川佐和子さんです出版は、東京書籍です実は昔から阿川さんのファンでしたかわいいですよね

1933年を聴く 戦前日本の音風景

作者は、齋藤桂さん出版は、NTT出版です戦前の音楽シーンのお話しかと思って読んだのですが難しかったなあ

向田理髪店

作者は、奥田英朗さん出版は、光文社ですお友達と同じ名前そして岐阜県出身の奥田さん

捏造の科学者 STAP細胞事件

作者は、須田桃子さん出版は、文藝春秋ですもう4年も前のことですか世紀の大発見からの大スキャンダル読むとこの科学者たちはと思ってしまう

ホテル・ルワンダの男

作者は、ポール・セサバキナ出版は、ヴィレッジブックス映画の『ホテル・ルワンダ』の原作です日本人には信じられないジェノサイドの世界同じ国の国民が虐殺を行う

大阪府警暴力団担当刑事 「祝井十五」の事件簿

作者は、森功さん出版は、講談社です聞き書き風にした取材ノートみたいなもんでしょうか任侠と言われ弱きを助け強きをくじく過去のお話し

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

作者は、森岡毅さん出版は、角川書店です映画のテーマパークそれがオープン時のイメージそして今は

おかわりもういっぱい おなかがすいたハラペコだ②

作者は、椎名誠さん出版は、新日本出版社ですやはり椎名さんの魅力は旅と食べ物まあ、最近の傾向でどこかで読んだような話がよくでてきますが

私が失敗した理由は

作者は、真梨幸子さん出版は、講談社です映画に監督自身が役者で登場するのはよくある話本の中に作者が登場するのは初めてです

鉄客商売 JR九州大躍進の極意

作者は、唐池恒二さん出版は、PHP研究所です唐池さんはJR九州の社長さんだったお方どちらかと言うと経営論

地下鉄のザジ

作者は、レーモン・クノー出版は、白水社やっぱりフランスなのかな一ひねりと言うかひねくれてる

地獄の世界一周ツアー フライアテンダント爆笑日記

作者は、エリオット・ヘスター出版は、文藝春秋です憧れの世界一周確かに爆笑

キキ モンパルナスの恋人

作者は、ルー・モルガール出版は、河出書房新社藤田嗣治さんの登場する本を読むとよく登場するマドンナでもやはりどこか寂しいモンローさんに通じるのかも

すごいトシヨリBOOK トシをとると楽しみがふえる

作者は、池内紀さん出版は、毎日新聞出版ですバン様、58歳老眼も進み、物忘れもひどくなってきた駅前の自転車置き場で、どこの今日は止めたんだっけとふと考える

君美わしく 戦後日本映画女優讃

作者は、川本三郎さん出版は、文藝春秋です年齢的にはうちの親父やおばさんぐらいそんな年の女優さん

マリリン・モンローの最期を知る男

作者は、ミッシェル・シュネデール出版は、河出書房新社モンローさんの最期の精神科医最後に会った人物であり、最初に発見した人物

巨匠とチンピラ 小津安二郎との日々

作者は、三上真一郎さん出版は、文藝春秋です三上さんは写真を見ればああって人ちょっとワルそうな顔立ち善人には見えません

大阪探偵団

対談者は、有栖川有栖さん、河内厚郎さん 出版は、沖積舎です結構前の作品なんですが、有栖川有栖さんとは同い年育ちも同じ生野区大阪愛ですかね

東京會舘とわたし 上旧館 下新館

作者は、辻村深月さん出版は、毎日新聞出版です東京會舘に出会った様々な人々の物語2回泣きました

モンローが死んだ日

作者は、小池真理子さん出版は、毎日新聞出版ですどうしても小池さんと言うと小池百合子さんと勘違いどちらがいい迷惑なのかこの本は題名読みです