歩道橋の魔術師

作者は、呉明益出版は、白水社不思議な作品このどんよりとした雰囲気は好きですアジアの作家ですよね

忌野旅日記

作者は、忌野清志郎さん出版は、新潮社ですあのRCの忌野さんの本ですまあ、あのままの文章です

ガラスの城の約束

作者は、ジャネット・ウォールズ出版は、早川書房映画は観たんですよでも微妙な不完全燃焼それなら活字で

宇宙考古学の冒険 古代遺跡は人工衛星で探し出せ

作者は、サラ・パーカック出版は、光文社古代遺跡の発見や未知の地の探検憧れじゃないですか

ネット興亡記 敗れざる者たち

作者は、杉本貴司さん出版は、日本経済新聞出版ですインターネットが普及してまだ20年ほど我が家に始めてやってきたパソコンはWinXPネット環境はADSLでしたよ

ケネディを殺した男

作者は、ロジャー・ストーン出版は、幻冬舎アメリカの闇、ケネディ大統領暗殺事件一体犯人は誰なのか

苦海浄土 全三部

作者は、石牟礼道子さん出版は、藤原書店です先に読んだ『苦海浄土』最後に第一部と書いてあったでは続きを

あの素晴らしき七年

作者は、エトガル・ケレット出版は、新潮社イスラエルの作家の作品です不思議の国イスラエルことを知れるかと読んでみました

82年生まれ、キム・ジヨン

作者は、チョ・ナムジュ出版は、筑摩書房心に知り合いが乗り移るストレスが原因なのかそんな簡単なことじゃない

パーキングエリア

作者は、テイラー・アダムス出版は、早川書房雪深いパーキングエリアで起こった事件なかなか映画向きの作品です

苦界浄土 わが水俣病

作者は、石牟礼道子さん出版は、講談社です何と言えばいいのでしょう高度成長時代の日本はこんなありさまでした

貧困旅行記

作者は、つげ義春さん出版は、晶文社です有名ですよね、つげさんってでもこの本は何か物足らない

ある明治女性の世界一周日記ー日本初の海外団体旅行ー

作者は、野村みちさん出版は、神奈川新聞社明治時代に世界一周それも女性がやはりお金持ちでした

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち

作者は、マイケル・ルイス出版は、文藝春秋リーマンショックなるものがありましたサブプライムなる言葉もありました

古くて新しい仕事

作者は、島田潤一郎さん出版は、新潮社です何かこの人の性格がすごくわかるような気がします合ってるなら書きたいことをちっとも書いてないのかとも

小鳥、来る

作者は、山下澄人さん出版は、中央公論新社です本のカバーを見ると、バン様世代の夏の日々あの頃は良かったなどと言ってはいけないのでしょうか

御社のチャラ男

作者は、絲山秋子さん出版は、講談社ですある食品会社の人たちが登場人物チャラ男は若い男性社員かと思ったら幹部社員でした

賭ける魂

作者は、月本裕さん出版は、情報センター出版局ですこちらが本当に読みたかった『賭ける魂』競馬と伝説の投資家でギャンブラーのテリー・ラムスデンさんのお話

年月日

作者は、閻連科出版は、白水社すごく読みやすいすごく考えてしまう中国にもこういう作家さんがいるんだ

中二階

作者は、ニコルソン・ベイカー出版は、白水社売りは世界初注釈付き小説これは困りました

パプリカ

作者は、筒井康隆さん出版は、新潮社ですセラピストの戦い戦う場所は夢の中

独裁者はこんな本を書いていた 上・下

作者は、ダニエル・カルダー出版は、原書房難解ですなんでこんな本がと思いますが、それが独裁者の力

雨はコーラがのめない

作者は、江國香織さん出版は、大和書房です雨とは江國さんの愛犬の名前そんな愛犬と音楽のお話

建設業者 三七人の職人が語る 肉体派・技能系仕事論

作者は、建築知識編集部です出版は、エクスナレッジですかつて一緒に働いた人が言ってました夏でも長袖を着て働くのが仕事だとデスクに座って働くだけでは

ゲーテさん、こんばんわ

作者は、池内紀さん出版は、集英社です恥ずかしながらゲーテの作品は一つも読んだことがありませんこの本を読んで人物を知るとなかなかの人物

賭ける魂

作者は、植島啓司さん出版は、講談社です正直に言います間違えました同名の作品と

橙書店にて

作者は、田尻久子さん出版は、晶文社です身近なところから本屋さんが減っていますそんな中で生き残る本屋さん

「世界のクロサワ」をプロデュースした男本木荘二郎

作者は、鈴木義昭さん出版は、山川出版社です黒澤明監督のお話もけっこうページを割いてます名プロデューサーからピンク映画の監督へ悲惨なようで悲惨でない

どこでもいいからどこかへ行きたい

作者は、phaさん出版は、幻冬舎です在宅勤務とかしてると、たまに集中力が切れてしまうしじゃし、仕事、仕事と自分に言い聞かせるそんな時に読んだのが雑誌『Brutus』特集はいつか旅に出る日

哲学教授を辞めて探偵になった男

作者は、ジョサイア・トンプソン出版は、草思社探偵って職業にはなぜか憧れますシャーロックホームズとか読んでましたから