グッドモーニング・ベトナム

監督は、バリー・レヴィンソン
出演は、ロビン・ウィリアムスフォレスト・ウィテカー
公開は、1988年10月
ベトナム戦争を描いているが戦争シーンよりもDJの流す音楽とベトナムの人たちの姿が印象的
英語がわかれば、音楽部分だけじゃなくて語りの部分も魅力なんでしょう

見ればベトナム戦争批判がチラホラ
同僚を殺されたと叫び怒っても、ベトナムの人たちも家族や友人を失っている
そして明らかなベトナム人への差別
音楽を流し、軍の秘密の部分も流し続ける
最後は軍を除隊
それでも戦争は続き、人は死んでいく
この映画の主題歌は、『この素晴らしき世界』
しかし音楽とは違って現実はそんなに素晴らしいものでない
マシンガンにようなトークを続けたロビン・ウィリアムス
昨年自ら命を絶ちました