読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五線譜のラブレター

監督は、アーウィン・ウィンクラー
出演は、ケヴィン・クラインアシュレイ・ジャッド
公開は、2004年12月
アメリカの有名な音楽家コール・ポーターを題材にした映画です
有名な方なのですがなぜかあまり曲を知らないんです

やはりミュージカル映画なのでしょうか
回想シーンとともに映画は進んでいきます
でもなぜか退屈
有名な曲ばかり使われてるみたいなんですが全然知らない
古い曲とか映画は結構知ってるつもりなんですがダメ
そうすると映画の魅力が半減
へー、この人ゲイだったんだ、でも奥さんをとても愛していたんだぐらいが感想
奥さんを亡くし、足を切断
曲も書けなくなります
曲を知らないミュージカル映画、観てはいけません