読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロートレック荘事件

作者は、筒井康隆さん
出版は、新潮社です
日本推理小説の最高傑作ととある本で紹介されていたので読むことに
和服を着てテレビに登場するおじさんではありませんでした
1990年の出版
図書館で働きながらほとんど本を読まなかった時期の作品でした

読み始めてなぜか懐かしい文体
今どきの小説と違うんです
男っぽいというか骨太というかゴツゴツしてるというか
なかなか文章で言い表せません
多分同じぐらいの歳で、今でも本を楽しんでる人にはわかると思うんです
主人公はおれって言います
ぼくでもわたしでもないんです
そんな単純なことかなと思ったけどきっとそう
トリックは全然奇想天外でなく単純
でもなぜか魅かれんです