読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蘇える金狼

監督は、村川透さん
出演は、松田優作さん、風吹ジュンさん
公開は、1979年8月
映画と本のタイアップ
角川春樹さんが先鞭をつけたこの商法
そして大人になりきらない中途半端な年齢の男性がはまってしまう大藪春彦さん

もひとつそして大藪作品のヒーローを演じられるのはやはり松田優作さん
汚れた英雄は草刈正雄さんでしたがやはり狂気が感じられなかった気がします
昼間と違う顔を持った男
もうこのへんから憧れの世界
そして暴力的な野性味
そして一匹狼
あー、高見君の影響で読み始め一時はまりました
熱が出ればアスピリン、そして熱いシャワー
現実は小説のようにはいかずさらに発熱でした
松田優作さんの演技はやっぱり死に際
くどいぐらいの演技です
長身を折りたたむようにぎこちなく動きます
実際こんな死に際はないだろうと思うけど、優作さんが演じるともしかしてと思える
太陽にほえろも最後の殉職場面で茶の間のハートを鷲づかみ
死に際を演じれば誰もが引き込まれる役者さんでした