読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄金のアデーレ 名画の帰還

映画

監督は、サイモン・カーティス
出演は、ヘレン・ミレンライアン・レイノルズ
公開は、2015年11月
やはり戦争に対するこだわり
ユダヤ人とナチス
このあたりは日本人と全然違います

 確かに本を読むのナチスの美術品の略奪はすごい
ヒトラーが美術学校を受験したのは有名だけれど、この映画に出てくるゲーリングの絵画収集も病気
それも奪うのだから
いまだにそうして取り上げた美術品の在りかはわからないものがたくさんある
この映画ではクリムトの名画
クリムトの絵はマーク・ボランのジャケットでも有名
その絵を本当の持ち主に返そうというもの
現在は美術館の収蔵品で国宝級
でもそれはナチスが持ち去ったものがたまたま美術館の収蔵品となっただけ
本当の持ち主にとっては略奪以外の何物でもない
この人が奪われたものはこれだけではない
両親や友人までも奪われている
まあ水に流してでは済まない話です
このこだわりが良心です