読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブレックファスト・クラブ

監督は、ジョン・ヒューズ
出演は、エミリオ・エステペス、モリー・リングウォルド
公開は、1986年5月
やはりこれぞアメリカの青春映画でしょうか
全くバン様の体験した高校生活とは違います
もっと上の世代がアメリカのテレビドラマを観てアメリカの生活に驚いたように、アメリカと日本はこんなに違うのだと驚きます

朝の補修に集まった5人のお話
優等生にスポーツ選手、おたっくぽいお兄ちゃんに得体のしれないお姉ちゃん、そしてちょい悪
全然違う5人が最後は友達となって別れていく
それぞれが自分をさらけ出すことで垣根がなくなります
この映画に出てる人たちはブラット・パックと呼ばれこの時代の青春映画のスターの皆さまみたいです
シナトラのラット・パックを思い出したりもしますが、お仲間集団ともいうものでしょう
ランチタイムに優等生の女の子が弁当でお寿司を持ってきて食べる場面には笑ってしまいます
不良と言っても学校の中だけでの不良のようで、社会の底辺という感じではない
高校の中でのある一日の物語という感じ
社会がどうのこうのもありません
アメリカらしいアメリカを描いた映画なんでしょう