破果

作者は、ク・ビョンモ
出版は、岩波書店
韓国のミステリーってひょっとして初めてかも
こりゃ面白いですよ

何故かというと主人公が年寄りだから
少し前から映画でも年寄りを主人公にしたものが多く見受けられます
そりゃ老人がこれだけ増えれば主人公に据えるのは当然かも
観る側だって年寄りが増えてるし、配信だと家から出なくてもいい
ハイ、それはバン様のことです
この本の主人公は年老いた暗殺者の女性
かつては凄腕の暗殺者だったけれど年と共にその腕は衰えてきている
その彼女の前に若い凄腕の若者が現れ、やたらと彼女に絡んでくる
彼女にはその理由がわからないけれど実は彼には大あり
もちろんここでその秘密はバラしません
冷酷だった彼女も年と共に段々と優しくなってきてる
それが暗殺者としての彼女の弱点にもなってしまうんです
ここらあたり年と共にどんどん頑固になり、やたらクレームを言いまくる日本の老人とは違います
そして最後には彼女と若者とに一騎打ちが待っています
さあ勝つのはどちらか
本当に面白いですから皆さんぜひご一読ください
映画化も期待してます