読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

左近 上・下

作者は、火坂雄志さん
出版は、PHP研究所です
執筆途中で火坂さんが亡くなったため未完です
秀吉が亡くなったあたりで終わっているのが残念
どんな結末だったのか

三成に過ぎたるものは佐和山の城と島左近
と言われた佐和山の城ですが、三成の旧領に入った井伊様が彦根に城を移したため今残るのはわずかな土塁などだけです
そして物語の主人公島左近
武将としての三成さんは頭でっかちで戦が苦手
のぼうの城』ではその失敗が描かれています
その三成さんの欠点を補ったのが左近さん
筒井順慶に仕えた時代から鬼と呼ばれた人です
そんな人がどうして三成に
男が男に惚れたから
そういう人だったんです
三成さんも秀吉に惚れ、何と言われようと秀吉に尽くしました
それがわかったから左近さんは三成さんに仕えました
本当に未完で終わったのが残念な作品です